悪意あるサイトに誘導するために貼られている広告は、特殊なジャンルのものから一般的なものまで幅広くあります。大手サイトに掲載されている広告だからと言って、安心して広告を開くことは危険な行為だと言えます。

危険な広告には共通している部分がいくつか存在している

何気なく開いたサイトに、広告やりすぎと感じるほど大袈裟に広告を展開している場合があります。この場合のほとんどが、危険な広告だと言っても過言ではありません。

広告やりすぎと思ってしまうほど、全面的に広告を押し出しているということは何とかして広告を開かせたいと思っているからです。このような場合は広告に触れずに、サイトを離れることが大切になります。

現在ネットの世界で使われている技術はとても高度で、広告を開くだけで端末から情報が抜き出されてしまう場合もあります。また心理的に誘導する仕組みの広告もあるので、どんな時でも警戒心を持つことが大切です。

「このサイトは広告やりすぎ」と感じた場合は、危険信号をキャッチしたということを覚えといてください。自分の身を守るのは、自分自信しかないことを忘れてはいけません。慎重に考えれば、自ずと広告の安全性を見抜くことができるようになります。

何気なく貼られている広告にも気をつけよう

ネットで掲載されている広告は大きく分けて二つに絞ることができ、一つは写真などを使ったバナータイプ。もう一つは文章の中に巧妙に埋め込まれている、テキストタイプが存在しています。

文章の中にリンクが貼られている場合は、高い確率でテキストタイプの広告だと言えます。全てが危険なわけではありませんが、テキストタイプの広告を開く時は細心の注意を払うようにしましょう。

バナータイプの広告の場合も同じく、細心の注意を払うことを忘れてはいけません。本当に大切なのは信頼できる場所で掲載されている広告なのか、そのことをきちんと考えるようにすることが大切です。

大手企業が掲載している広告を多く存在しているので、どれが本物の広告なのか見極めるようにしましょう。ネット広告全てが悪いのではなく、ごく一部の広告が危険だということを念頭に入れておくことが大切です。